「はてなブログ」の、はてなーⅡ。

f:id:genkidaba-e882:20170914202241j:plain

「HatenaBlog」で新しく記事書く時

●編集見たまま

はてな記法(HTML)

どちらかを指定した方法で編集するという事をよく承知しておいてください。

 

一度、公開した記事を更新する時は新規編集時に指定した方法でないと

編集更新できません。

 

一度「はてな記法」を指定してしまって投稿してしまうと

「見たまま」編集には変更できないよう「見たまま」ボタンは作動しないようになっています。

初心者は注意が必要だと思います。

 

こうした機能は

普通の無料ブログで見た事がありません、普通だと無い機能です。

 

ネットのwebサイト運営方法には相当自由な設定機能があるようです。

 

「公開」済み記事は投稿からあまり時間が経過していなければ

「見たまま」編集が出来るシステムなようになっている・・・のか

と思って色々投稿済みの記事編集ページを開いてようやく

分かったのが先に述べた通りの事でした。

 

新規投稿時に指定した方法と同じような編集方法でしか、更新できない、

仕組みになっている、という事のようです。

 

僕が1番最初に投稿した記事は「はてな記法」でした。

 

はてな記法」が「HTML編集」だという事が分かっていないので

はてな記法」がおススメなのだ思っってしまったのが間違いでした。

 

「見たまま」と「HTML編集」のどちらがいいのかは、分かりませんが

 

「HTML言語」は。、webブログ作成、編集機能として、もともと在った機能だったのだという事を教えてくれたのが「HatenaBlog」なんだと理解しています。

 

いずれにしてもブログを立ち上げるなら「WordPress」という常識はこの「HatenaBlog」の編集法をマスターした人には通用しない常識ではないかとさえ

思います。

 

まさに「習うより慣れろ」を地でいったサイトだと思います。

 

もっとも、無料ブログの大問題、WEBサイト提供会社も企業なので

利益が上がらないと倒産する事があります。

 

あの「山一証券」ほどの企業でも倒産しました。

大和銀行も倒産しました。

 

安全安心という意味では「WordPress」でも、どこまで信用がおけるのか

疑問に思えます。

 

しかしwebサイト企業が潰れたら自分が苦労して作成した「ファイル」も消失するらしいのでバックアップを撮っておいた方がいいそうですね。

 

バックアップするほど価値のある「ファイル」や「記録」を俺は持っているのだろうか?

 

 

 

「はてなブログ」の、はてな?

f:id:genkidaba-e882:20170901064243j:plain
無料ブログの中では
一番、というお墨付きに惹かれて書き出した当ブログですが、、、。

変なところに広告が表示されない、という事が「お墨付き」なようです。

無料であることなどは「ワードプレス」そっくりです。
が、使い勝手がいいのは普通に広告表示される無料ブログの方が‘良さげ‘です。

慣れ、の問題もあるかも知れませんが、
一番困るのは写真ファイルのサイズの編集が出来ない事です。

写真サイズはページデザインの大事な要素だと思うのですが・・・。

ワードプレス」と同じように有料ページの「Pro」にすれば機能がバージョンアップするのでしょうか?
「Pro」紹介ページではその辺の事が良く分かりません。

少なくとも無料「ワードプレス」よりは使い勝手はいいのですが。

少し慣れてきました。
でも、HTML.とかの文字記号をほとんど勉強していないので尚更、まごつくことばかり、、、。

今更「HTML」言語の勉強も、、、なァ、なんて思うのですが。

「HTML」言語を使わないでもこのブログは編集できる方法はないものか、と
探していたら、ありました。

はてな記法」というボタンがありました。
しかし公開済みの記事は「見たまま」編集は出来ないようです。

昨日は「見たまま」と「HTML編集」の選択ができたのに・・・。

季節の呼び方,文明開化と経済と...

言葉は文化

日本語は本来、漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字といろいろな

文字で表す事が出来る、というか表す事が普通の言語文化である、はずでした。

 

しかし、明治クーデター政府が誕生して以来

戦争で国民は名誉の戦死と言う名で殺されたり

カレンダーを変えるなど

在来のヤマト文化をあちこちいじりすぎた。

 

「散切りアタマを叩いてみれば文明開化の音がする」などと

まるで江戸時代までは日本には文明がなかったかのようにまで

詠われていた時代があったそうです。

 

西洋の暦ををそっくり取り入れて

今迄在った暦を旧暦とした。

 

おかげでひと月もの季節にずれがおきてしまいました。

旧暦が良かったというつもりはありません。

 

しかし在来の文化を否定できないのい無理に変えようとして

いじりすぎたと思うのです。

 

月名のひと月位のずれはいいとしても

季節の歳時の日付を西洋暦に無理に当てはめた事で

 

日本人が明治100数十年の間で正しい季節感を

失ってしまった原因の一つでもある、と指摘されています。

 

そのような事もあって、季節の呼び方は

下記のように多彩で微妙な呼び分け方が出来なくなってしまいました。

 

「春夏秋冬」くらいの呼び分けは大概の人はできるはずです。

 

季節

< 季節.気候の呼び方 一覧>

春・

●初春・旧暦1月(2月4日頃~3月5日頃)

●仲春・旧暦2月(3月6日頃~4月4日頃)

●晩春・旧暦3月(4月5日頃~5月5日頃)

●夏

●初夏・旧暦4月(5月6日頃~6月5日頃)

●仲夏・旧暦5月(6月6日頃~7月6日頃)

●晩夏・旧暦6月(7月7日頃~8月7日頃)

●秋

●初秋・旧暦7月(8月8日頃~9月7日頃)

●仲秋・旧暦8月(9月8日頃~10月7日頃)

●秋・旧暦9月(10月8日頃~11月6日頃)

●冬

●初冬・旧暦10月(11月7日頃~12月6日頃)

●冬・旧暦11月(12月7日頃~1月4日頃)

●晩冬・旧暦12月(1月5日頃~2月3日頃)

しかし、春から夏、夏から秋、秋から冬へと移って行く時

その間にも季節の呼び分けがあるのを知らない人は少なくないのではないでしょうか?

 

上記の一覧を見ると分かると思いますが

それぞれの季節の間を「初」「仲」「晩」と分けた

微妙な季節感が、少なくとも暦の上では在るのです。

 

こうした事が日本の文化にはあるのです。

 

「Spring」は知っていても「March」は知らないでしょう・・・と

指摘する人がいます。

 

英語を公用語にしようとまで言い切る政治家が居るほどです。

 

英語が国際共通語的になったのは「時代」だから、よしと

しましょうか。

 

しかし

公用語にまでする必要がどこにあるのでしょうか?

日本文化をろくに教えもしないで「英語」をマスターしろ、という

論理がどこから出てくるのでしょうか?

 

私は国粋主義者ではありません。

 

でも日本語にちゃんとした月名が在るのにそれを教えないで

アメリカの月名を正しく覚えろという論理が理解できないのです。

 

先ほど書いた「March」は「3月」でした。

それは明治クーデター政府が附けたカレンダーの表示法です。

日本の三月は「弥生」なのです。

 

アメリカが「March」と正しい月名で呼ぶのに日本での月名は数詞の3月でいい

と言うのはいかがなもので、しょうか?

f:id:genkidaba-e882:20170825140008j:plain

日本の月、スーパームーンです。

地球の裏側でも同じに見えたでしょうか?、、、。

 

言葉は文化そのものだと言われています。

フランスの国は自国の言語文化を大事にしながら民族の移動(移民)には鷹揚だそうです。

社会経済

自由の国アメリカについていく日本が日本の言語文化を大事にしない傾向があるのは

何故なのでしょうか?

 

70数年前に「鬼畜米英」と叫んでいた人たちやその子孫が

「米」に尻尾を振って忠誠の限りを尽くしているサマは悲しい限りです。

 

アメリカの「ポチ」と皮肉られていても反論する言葉を

聞いた事がありません。

経済の為なのだそうです。

 

あの3.11「福島」の事故から数年経って、懲りた想いになったはずのニッポンで

原発再稼働」が堂々と叫ばれるようになっています。

 

原発」は安全ではない、という事実の証拠が現実があるのにです。

 

安全では無い「福島」で現場の人達は必死の作業でその後の事故処理に苦労しています。

 

世界一厳しいとやらの「安全基準」を作り直した人たちが

「再稼働」のお墨付きを与えてしまいました。

 

経済の為には「安全」ではなくても「再稼働」を唱える人がいて、

その考え方を支持する人がいます。

 

原発」は「原爆」と同じ原理なのです。

あの「福島原発事故」は想定外のために「亡国」の事態をも起こしかねない重大な危険をはらんでいる事を現実で教えてくれました。

 

お隣の国の「核ミサイル」はいけないけれど「核原発」は「平和利用」なのだだから

安全でなくてもいいというのでしょうか?。

 

「亡国」「非国民」を唱えていた人たちがその事に沈黙しているのが悲しいと思います。

 

 

↑元気だば→genkidaba-e882で紹介してみた。

2017/8/25早朝

Google検索で辿り着いたブログでこの「はてなブログ」を紹介されました。

いろいろな「無料ブログ」を試して見たが

今日までは「無料ブログ」の中では「seesaaブログ」が私には一番使いやすいので

連日更新に挑戦しています。

 

しかし、ほぼ連日更新にもかかわらず、アクセスアップに

繋がっているのかどうかが分からないので悩んでいました。

 

新しいサイト「はてなブログ」への記事の作り方を

一から始めるのはしんどいですね。

 

「習うより慣れろ」だそうだから、頑張ってみたいと思っています。

f:id:genkidaba-e882:20170825063515j:plain

↑ アストロメリア/インカのユリ。

上の花は昨年「みんなの花図鑑」で教えて頂いていた花と同じなのですが

忘れてしまっていたので「みんなの花図鑑」の投稿記録を調べてみたら在りました。

 

パソコンの記録性に改めて関心しました。

花の名前に興味のある人におススメのサイトですよ。

 

他のサイトなのでURL.はリンクしていません。

 

長く更新を続けていた、自己サイトへのリンクを試して見ます。

よろしかったら覗いて見て下さい。

 

以下のサイトは私の「元気だば」8/25号です。

http://agiiz.seesaa.net/

 

それなりに時間をかけて書いています。

 

はてなブログ」を2記事書いて見て思う事

 

wordpress」によく似た造りになっています。

広告がない。画面表示が非常にシンプルである。

しかし、私は「SEESAA」無料ブログに慣れているので

不足を感じるところが在って不満である。

 

●フォントサイズの選択肢が少ない。

●アップしたい画像のサイズ変更が出来ない。

●記事の行を変更した時の行間が広すぎる。

●コピペ画像が表示できない。

等の不足である。

上記以外はシンプルで非常に気に入っているだけに残念です。

 

おそらく、このことは「Pro」にアップグレードさせるための布石の

ように思えます。

 

という事で「Pro」紹介のページを見たが

上記の不満を解消するプログラムでは無いようです。

 

不満、不足なのか

使い方をマスターしていないだけの事だかまだ分りません。